• アイトライでは、就職ができればどこでもよいという考えではなく、本人が希望する職種や長所を生かせる仕事に就けるように支援することを重視しています。

      • 復職者を支援し、通勤訓練、業務遂行能力、コミュニケーションスキルの向上に焦点を当て、安心して職場復帰を実現させるための総合的なアプローチを提供します。

      • アイトライでは就職後も月に一度以上の面談や電話での就労定着支援を行い、職場や生活の課題解決に注力し、働きやすい環境作りに貢献します。

    • スタッフ紹介
    • よくある質問
    • お問合せ

訓練生研究発表~私がアイトライに通所して変われたこと~

アイトライさいたまセンター訓練生のTです。本日2限目に研究発表の時間を取っていただきました。

 

私の発表は、「5ヶ月アイトライに通所して変われたこと」がテーマでした。

アイトライに来る前は就職活動の失敗もあって非常にネガティヴで、初めて来た時に面談を担当されたスタッフさんも当時と現在で大きく印象が変わったと評していました。

 

ある日スタッフさんにネガティヴな言葉を発してしまった所、そのスタッフさんに「Tさんはかけがえのない人材です」と言われて驚きました。後日「どうしてそう言ってくださったのですか?」と質問したら、「人に教えられるだけのたくさんの知識・技能」「吸収力の良さと覚えの良さ」「頼まれたことを投げ出さずやり通す」「人に気遣いができる」など、多数の長所が有るから、かけがえのない人だと思ったとの回答を得られました。

 

そして、訓練を通して、自分の「軸」がないため傷つきやすく脆いこと、短所が第一印象やコミュニケーションに関することで目立ってしまったこと、長所の具体例が見つからず上手く売り込めなかったことがわかりました。

しかし、自己否定しても自分が嫌いになるだけです。軸を探す、短所も受け入れる、自分の長所の具体例を探して効果的なPR方法を考える。そうするべきだと思いました。

 

訓練やイベントなど、アイトライでの経験は1つ1つ、私に少しずつ自信をつけています。

他のメンバーさんと話すだけでも自分の長所はどんどん見つかるものです。だから、自己PRの具体例は見落としているだけで、本当に見つからないなら、これからアイトライで作ることも出来ます!

そして、過去は過去、これからはこれから。辛くなったら今まで訓練してきたポジティヴシンキングで乗り切る。そうすれば自ずと道が開けると思いました。

 

プレゼンテーションはほとんど経験がありませんでしたが、皆さんから「とてもいい発表だった」「そこまで自分のことをなかなか発表できない」「アニメーションが凝っている」「バラエティ番組作れそう」と、嬉しい言葉を多数いただきました。この自信をキープして、効果的な自己PRを考える。それが次の私の課題です。

 

この発表を機に、他のメンバーさんもどんどんご自身の長所を見つけ、就職活動のヒントとなれば嬉しいことこの上ありません。

 

今回はこのような機会を作ってくださり、誠にありがとうございました。スタッフの皆様、これからもよろしくお願いいたします。

 

研究発表2 研究発表3

研究発表6研究発表1研究発表4

 

 

■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、
上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。

さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所
アイトライさいたまセンター
電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)
住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次