• アイトライでは、就職ができればどこでもよいという考えではなく、本人が希望する職種や長所を生かせる仕事に就けるように支援することを重視しています。

      • 復職者を支援し、通勤訓練、業務遂行能力、コミュニケーションスキルの向上に焦点を当て、安心して職場復帰を実現させるための総合的なアプローチを提供します。

      • アイトライでは就職後も月に一度以上の面談や電話での就労定着支援を行い、職場や生活の課題解決に注力し、働きやすい環境作りに貢献します。

    • スタッフ紹介
    • よくある質問
    • お問合せ

わたしの本棚~④「異邦人」カミュ~

みなさんこんにちは。就労移行支援事業所アイトライさいたまセンターのスタッフIです。

本日は土曜日のイベントとして「わたしの本棚」というプログラムを行いました。

自分のおすすめの本を他のメンバーに紹介するという内容です。

 

訓練生の読書感想文を5件のブログに分けてご紹介します。


 

④異邦人/カミュ

一度は読んでおくべき本の上位に載っていたので、読んでみた。一言でいうと私には難しい本だった。主人公のムルソーは、突発的に人を殺してしまい、死刑になる。死刑が執行される前の牧師とのやりとりの意味が特に難しいと思った。ムルソーの行動は矛盾だらけに感じた。ムルソーは太陽がまぶしかったから、人を殺したと思っている。死刑になるはずではなかったはずなのに、裁判が進むにつれ、ムルソーは母親が死んだのに泣いていなかったという事がクローズアップされ、冷徹な人間とみなされ、虚無的な態度からも審判員の心証を悪くし、死刑になってしまう。母親が亡くなった時に人目もはばからず泣いていればおそらく死刑にはならなかったのだろう。ムルソーは、何でもすぐ諦めてしまうし、相手に流されているようにも見えるが、本心がつかめない。裁判もムルソーの行動も不条理だと思った。不条理を目の前にした時、自分は異をとなえられるだろうか?それとも不条理と気づきもしないだろうか?考えさせられる小説だ。

 

異邦人

 

■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、
上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。

さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所
アイトライさいたまセンター
電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)
住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次