「6年の空白を経てつかんだ就職」
Sさん・30代・男性・強迫性障害・事務職・通所期間1年6ヶ月

アイ・トライ 合同会社

048-711-7467

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17
浦和マルゼンビル3階

受付時間:9:00~17:30

lv

「6年の空白を経てつかんだ就職」 Sさん・30代・男性・強迫性障害・事務職・通所期間1年6ヶ月

アイトライ卒業生の声

2019/01/31 「6年の空白を経てつかんだ就職」
Sさん・30代・男性・強迫性障害・事務職・通所期間1年6ヶ月

■アイトライさいたまセンターを利用するきっかけ

学生時代に強迫性障害を発症して退学してから、6年もの空白の時間が生まれてしまいました。この空白の6年が就職に対して不利になるという考えから、就職活動にうしろ向きになっていました。それに加えて、強迫性障害や、幼少の頃からあった特異的恐怖症がさらに足を引っ張っていました。そのような中で、区役所の支援窓口で障害者就労の存在を知りました。障害者手帳を取得し、支援事業所の助けを借りながら、障害者就労に向けて就労移行支援事業所を探したところ、アイトライさいたまセンターに出会いました。

 

■アイトライさいたまセンターに通所してよかったこと

スタッフの方が親身になって話を聞いて下さったり、自分のペースに合わせて通所回数を増やしていったことで、モチベーションが向上し、結果的にそれが自信に繋がりました。また集団プログラムではメンバーさんからの気配りもあり、臆せず発言ができるようになりました。

 

■就職が決まった今の気持ち

6年間の空白以前に、就労経験がまったくない自分にとって、今回お世話になる会社が初めての就労になります。

アイトライで度々出てしまっていた「学生時代の気持ち」がまったく通用しなくなると思います。まずは基本中の基本である「休まない」、「遅刻しない」というところから、始めていきたいと思います。

 

■就職を目指している方へのメッセージ

私は障害者就職面接会をきっかけに今回の会社から内定をいただきました。その時に、学生時代に関心を持っていただきました。自分でも忘れているような経験やスキルが生きてくるかもしれません。チャンスは思わぬところに転がっていると思います。こういったチャンスを逃さないように、積極的に活動を行い、チャンスをものにして下さい。

 

 

 

 

■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、
上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。

さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所
アイトライさいたまセンター
電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)
住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階

TOP