9月9日開催:英会話

アイ・トライ 合同会社

048-711-7467

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17
浦和マルゼンビル3階

受付時間:9:00~17:30

lv

9月9日開催:英会話

スタッフブログ

2020/09/11 9月9日開催:英会話

こんにちは。浦和にある就労移行支援事業所、アイトライさいたまセンターのスタッフMIです。

 

先日のオンライン講座は、英会話でした。

 

今回のテーマは前回に引き続き、英語の慣用句の意味を当ててみようというものでした。

英語の慣用句ってきっと難しい言い回しや、習わない単語が出てきたりするのではないか…と考える方が多いかと思います。

しかし、いざ蓋を開けてみると、簡単な単語の集まりでできてもいるものです。

 

Long face

Bring home the bacon

Time flies.」…などなど、他にもたくさん簡単な単語でできている慣用句はあります。

 

長い顔とは何ぞや。

ベーコンを家に持ってくるって何?

時が飛ぶ…どういうこと?

 

簡単な単語でもそのまま訳すと、意味が分からなくなります。

 

しかし文脈で意味を判断すると、何となく意味が推測できます。

 

今回も例文から読み解いていく練習を行いました。

 

皆さんがこれか?と思った答えをチャットに打ってもらったのですが、難しかったと感想をいただきました。

 

皆さん真剣に考えていましたので、まさに時間が過ぎるのは光陰矢の如しではありました。

 

実際のところ、私も初見だとわからないものが多いです。

 

英語の意味を推測するといえば、高校入試や大学入試でも同じ体験をしたのではないかなと思います。

 

その時分からない!と思わず泣き顔になった人もひょっとしたらいたと思います。

 

文脈で判断しないといけない時って結構多くあるのですよね。

 

ただ印象的なものが多いので、一度覚えると結構記憶に残るものが多いです。

 

せっかく覚えていただいたので、皆さんにいつか会話の中で使ってもらいたいなと思います。

 

…という冗談はさておき、たまにSPIや教養試験で実は慣用句を聞かれることがあります。

一見不要だと思えるものでも生活費を稼ぐことに通じるものは意外と多いと思います。

 

皆さんと一緒に学んだ方がとてもエピソードとして覚えられますよね。

 

これからも様々なテーマで英語力を一緒に身に付けていけたらと思います。

 

…さて、先程の三つの慣用句の答えが今回のブログの文章の中にすべて入っています。

 

皆さんは、答えが分かりましたか?

 

分かった方はこれも何かの縁。是非アイトライへお越しください!

 

 

■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、
上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。

さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所
アイトライさいたまセンター
電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:30)
住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階

TOP